2014年08月22日

button_15.jpg  三菱電機、中国の高級エレベーター生産能力を2倍に

赤坂 麻実=日経テクノロジーオンライン 2014/08/21

 三菱電機は、中国で同国向け昇降機(エレベーター、エスカレーター)を製造している三菱電機上海機電電梯(以下、MESE社)に、新たに2つの工場を建設し、高級エレベーターの年間生産能力を現在の1万台から2万台に増強する。あわせて、中国向けエレベーターの開発力を強化する。

 中国のエレベーター・エスカレーターの市場規模は年間需要50万台で、世界の6割を占める。近年では、中国の都市開発は沿海部から内陸部に広がっており、今後もゆるやかな増加が見込まれる。

 三菱電機は、中国向け昇降機の開発・製造拠点として、1987年に上海三菱電梯有限公司(以下、SMEC社)を設立。2002年にはMESE社を設立した。SMEC社は普及型の製品を、MESE社は「MAXIEZ」シリーズなど、高機能でラグジュアリーな製品をそれぞれ中国全土に供給している。今回は中国向け高級エレベーターの需要増に中国国内で対応するため、MESE社に第3工場と第4工場を建設する。

 第3工場はエレベーターの乗場機器などを2014年7月から製造している。建物は鉄骨造の1階建で、建築面積は約6300m2。第4工場はエレベーターの機械品などの製造を2015年7月に開始予定。鉄骨造1階建の工場のほか、鉄骨造3階建の事務所・試験エリアを設けて、開発・設計・評価試験も行う。第4工場の建築面積は約2万5500m2。投資額は、建屋以外の付帯工事や設備の導入費用も含めて第3工場が4000万元(約6億円)、第4工場は9000万元(約14億円)。
2013年11月29日

button_15.jpg  中国都市化政策、民間資本の参加拡大へ=新華社

[北京 28日 ロイター] -中国共産党中央財経領導小組弁公室の楊偉民副主任は28日、民間資本の参加拡大などを含む都市化政策の詳細を明らかにした。新華社が報じた。

【送料無料】 中国長江デルタの都市化と産業集積 神戸大学経済学叢書 / 加藤弘之 【単行本】

価格:5,775円
(2013/11/30 08:17時点)
感想(0件)




副主任によると、政府の役割は都市化プログラムの策定、公共サービスの提供、インフラ整備、環境保護になるとし、それ以外については市場に委ねるとしている。

中国共産党は先月開催した第18期中央委員会第三回全体会議(三中全会)で、約30年ぶりの大胆な経済・社会改革を打ち出し、市場に「決定的な」役割を担わせる方針を明らかにした。

副主任は、都市化における民間資本の参加を認めるとともに、政策ニーズに対応するため、より多くの金融機関の設立を政府は目指していると述べた。

また民間企業がサービス業に参入して独占状況を打破し、都市や町におけるサービス業の発展を促進するよう規制を緩和する。

地方政府に対しては、債券発行など都市建設資金の調達方法を拡大することを認め、簿外債務をバランスシート上に戻させる。

さらに産業・居住用の土地に関して、効果的かつ規制された公正な価格設定制度を構築し、産業用の土地価格を引き上げるとした。

地方税制についても改善される見通し。

(ロイター 11月29日)

2013年06月16日

button_15.jpg  <中国人が見た日本>日本から何を学ぶか?京都に行けば分かる!

2013年6月14日、中国紙・広州日報は、中国で著名な建築デザイナーで、集美組建設デザイン機構の林学明(リン・シュエミン)総裁の「日本から何を学ぶか?京都に行けば分かる!」と題した論説を掲載した。以下はその内容。
 
「日本から何を学ぶか?」これは大きなテーマだ。中日景観交流団の一員として日本に赴いた私は、そこで大きな衝撃を受け、多くの感慨が生まれた。
 
京都は現存する日本で最古の都市であり、平安時代の趣きや風習を色濃く残している。このような都市がもし中国にあったのなら、「改造」されているだろう。京都市を全体的に眺めると、非常に素朴で落ち着いた都市に見える。その色調も街全体の景観を意識しており、鳥居の色だけが最も鮮やかで、青灰色の町並みとの対比は見事だ。30年前の北京がそうだった。しかし、今は伝統的な青瓦がすっかり消えてしまい、軽佻(けいちょう)浮薄な色に変わっている。京都を見れば、日本人が伝統文化を尊重していることがよく分かる。
 
訪日中、日本の建築デザイナーとも交流を持ったが、彼らは中国の現代建築がまだ意志の表現段階にあり、民族の発展と成長を具象化しているとの認識を持っている。日本人はエコロジーと環境保護を考え、建築と自然の融合を目指している。エコ社会の建設を求めている中国は日本に学ぶべきだ。われわれは理性回帰を考える時期に来ているのだ。
 
(以上、広州日報の記事より)
タグ:エコ社会

中国経済六法(2013年増補版) [ 射手矢好雄 ]

価格:5,250円
(2013/8/9 08:56時点)
感想(0件)

中国は東アジアをどう変えるか [ 白石隆 ]

価格:882円
(2013/8/9 08:57時点)
感想(0件)

農民国家 中国の限界-【電子ブック版】

価格:1,440円
(2013/8/9 08:57時点)
感想(0件)

中国の「反日」で日本はよくなる [ 宮崎正弘 ]

価格:1,000円
(2013/8/9 08:58時点)
感想(0件)

【総額2500円以上送料無料】中国の産業はどのように発展してきたか/渡邉真理子【RCP】

価格:3,990円
(2013/8/9 08:58時点)
感想(0件)

【総額2500円以上送料無料】ステート・キャピタリズムとしての中国 市場か政府か/渡辺利夫/21世紀政策研究所/大橋英夫【RCP】

価格:2,730円
(2013/8/9 08:59時点)
感想(0件)

【総額2500円以上送料無料】中国の金融制度/童適平【RCP】

価格:4,725円
(2013/8/9 08:59時点)
感想(0件)

2020年石油超大国になるアメリカ 追い詰められる中国 決断を迫られる日本 (単行本・ムック) / 日高義樹/著

価格:1,575円
(2013/8/9 09:00時点)
感想(0件)

2013年の「中国」を予測する-【電子ブック版】

価格:746円
(2013/8/9 09:01時点)
感想(0件)

日本経済は、中国がなくてもまったく心配ない-【電子ブック版】

価格:746円
(2013/8/9 09:01時点)
感想(0件)

新・日本経済入門(中国がクラッシュする日) [ 石森章太郎プロ ]

価格:1,680円
(2013/8/9 09:01時点)
感想(1件)

中国経済論 [ 堀口正 ]

価格:2,310円
(2013/8/9 09:02時点)
感想(0件)

【総額2500円以上送料無料】すべての富を中国が独り占めする これからの資源外交戦略を読み解く/ダンビサ・モヨ/奥山真司/朝倉慶【RCP】

価格:1,785円
(2013/8/9 09:02時点)
感想(0件)

中国経済の基礎知識改訂新版 [ 波多野淳彦 ]

価格:1,680円
(2013/8/9 09:02時点)
感想(0件)

【1000円以上送料無料】帝国としての中国 覇権の論理と現実/中西輝政【RCP】

価格:1,575円
(2013/8/9 09:03時点)
感想(0件)

本当にヤバイ!中国経済 [ 三橋貴明 ]

価格:1,500円
(2013/8/9 09:03時点)
感想(1件)

中国経済 あやうい本質-【電子ブック版】

価格:525円
(2013/8/9 09:00時点)
感想(0件)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。