2013年08月06日

button_15.jpg  中国での大学生の就職難と構造的な原因

 中国の大学生の卒業式は6〜7月。調査会社の麦可思などによる4月の調査では、就職が決まった学生は35%にとどまり、前年より12ポイントも低かった。卒業時点の状況は明らかになっていないが、7月下旬に入っても各都市の職業紹介所には就職活動を続ける卒業生の姿がある。
 
 就職難は景気減速による採用意欲の低下に加え、構造的な要因が大きい。今年の大学などの高等教育機関の卒業者は約700万人で、10年前の3.3倍だ。これに比べ産業構造の変化は遅い。国内総生産(GDP)に占める第3次産業の比率は2012年までの10年間に41.5%から44.6%への上昇にとどまり、メーカーの技術開発やIT(情報技術)関連、金融といった大学生が望む仕事の供給が追いついていない。人力資源社会保障省の尹成基報道官は7月25日の記者会見で「来年は卒業生がさらに増え、就職機会を求める圧力がさらに強まる」と述べ、厳しい状況が続くとの見方を示した。
 
 広東省広州市の国立大学、中山大学の林江教授は「すでに高校卒業生の7割が大学で学べるようになり、大学はエリート養成機関ではなくなっている」と強調。大都市での就業や給与水準の高い仕事にこだわらず、就業の機会を幅広く探すことを呼びかける。一方で「産業高度化が不完全で、経済成長モデルが変わっていないことも就職難の原因だ」と語り、労働集約型の輸出産業や建設などの投資に依存する経済成長から脱却して高等教育を生かせる職場を増やすことを訴える。
 
 中国の共産党と政府は大学生の就職難問題に高い関心を持ち、卒業生に職業体験や技能訓練の機会を提供するほか、国有企業に対して大卒者の雇用拡大を直接働き掛けている。「天安門事件」の名で振り返られる1989年の動乱で立ち上がったのは全国の大学生たち。現在の指導者たちの脳裏には、その恐怖の残像があるのだろう。不法労働者にも頼らなければならない労働集約型産業を縮小し、構造転換で大卒者の満足する職場を提供できるかどうかは体制を揺るがしかねない問題だ。

 (以上、8月6日の日本経済新聞の記事から)
2013年05月13日

button_15.jpg  外国人が中国で簡単に就職できたのは過去の話―米メディア

CNNは8日、外国人が中国で簡単に就職できたのは過去の話になったと伝えた。

英人材紹介会社ヘイズ中国地区責任者は、「外国人の目新しさは色あせつつある。雇用企業は実用性を重視するようになった。就職活動する人は語学力や中国在住期間といったことにとどまらず、自身が確実に中国である一定のカギとなる人材であることを証明する必要がある」と指摘した。

昨年就職市場に参入した中国の大学卒業生は700万人近くおり、さらに増えつつある。これが中国で就職しようとする外国人にとって更なる障壁となっており、中国語が使えなければ競争にならない。業界関係者によると、たとえ中国語が話せなくても、外国人卒業生も中国語・英語2カ国語の履歴書を持って潜在的な雇用企業や中国企業に照準を合わせ、自主的に就職活動を行うことが必要。しかし、このような外国人は多くなく、ほとんどが求職サイトや検索エンジンの助けを借りるだけだという。

また、多くの欧米人にとって中国の就職システムは分かりにくい。中国の人材市場では駆け引きが必要なことがあるが、欧米人は自分の人生を安売りするようなことは望まず、相手に請われて職を得たいのだ。今後は企業の本土化が進み、文化的つながりや語学技能を備えた「海外留学からの帰国組」が一層就職市場で好まれるようになるとみられる。「コネ」を持つことも中国で就職する際に必要な技能の一つだ。

タグ:中国

中国経済六法(2013年増補版) [ 射手矢好雄 ]

価格:5,250円
(2013/8/9 08:56時点)
感想(0件)

中国は東アジアをどう変えるか [ 白石隆 ]

価格:882円
(2013/8/9 08:57時点)
感想(0件)

農民国家 中国の限界-【電子ブック版】

価格:1,440円
(2013/8/9 08:57時点)
感想(0件)

中国の「反日」で日本はよくなる [ 宮崎正弘 ]

価格:1,000円
(2013/8/9 08:58時点)
感想(0件)

【総額2500円以上送料無料】中国の産業はどのように発展してきたか/渡邉真理子【RCP】

価格:3,990円
(2013/8/9 08:58時点)
感想(0件)

【総額2500円以上送料無料】ステート・キャピタリズムとしての中国 市場か政府か/渡辺利夫/21世紀政策研究所/大橋英夫【RCP】

価格:2,730円
(2013/8/9 08:59時点)
感想(0件)

【総額2500円以上送料無料】中国の金融制度/童適平【RCP】

価格:4,725円
(2013/8/9 08:59時点)
感想(0件)

2020年石油超大国になるアメリカ 追い詰められる中国 決断を迫られる日本 (単行本・ムック) / 日高義樹/著

価格:1,575円
(2013/8/9 09:00時点)
感想(0件)

2013年の「中国」を予測する-【電子ブック版】

価格:746円
(2013/8/9 09:01時点)
感想(0件)

日本経済は、中国がなくてもまったく心配ない-【電子ブック版】

価格:746円
(2013/8/9 09:01時点)
感想(0件)

新・日本経済入門(中国がクラッシュする日) [ 石森章太郎プロ ]

価格:1,680円
(2013/8/9 09:01時点)
感想(1件)

中国経済論 [ 堀口正 ]

価格:2,310円
(2013/8/9 09:02時点)
感想(0件)

【総額2500円以上送料無料】すべての富を中国が独り占めする これからの資源外交戦略を読み解く/ダンビサ・モヨ/奥山真司/朝倉慶【RCP】

価格:1,785円
(2013/8/9 09:02時点)
感想(0件)

中国経済の基礎知識改訂新版 [ 波多野淳彦 ]

価格:1,680円
(2013/8/9 09:02時点)
感想(0件)

【1000円以上送料無料】帝国としての中国 覇権の論理と現実/中西輝政【RCP】

価格:1,575円
(2013/8/9 09:03時点)
感想(0件)

本当にヤバイ!中国経済 [ 三橋貴明 ]

価格:1,500円
(2013/8/9 09:03時点)
感想(1件)

中国経済 あやうい本質-【電子ブック版】

価格:525円
(2013/8/9 09:00時点)
感想(0件)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。