2013年05月09日

button_15.jpg  ゴルフとKTVを辞めれば中国での売上は上がる

以下、江口 征男氏のコラムから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 職業柄、日系企業の経営者の方々から「中国人にウチの商品をもっと買ってもらうためにはどうしたらいいでしょうか?」とか「どうやったら中国で売上シェアを伸ばせますか」という質問をよく受けます。そういう時私は、「ゴルフとKTVに行くのを辞めれば売上は上がりますよ」と答えるようにしています。[※KTVとは:日本のクラブ・キャバクラに相当]

  (こんなことを書くと「お前が言うな」という声が知人から聞こえてきそうですが)この言葉以上に、日系企業が中国で成功する真実を表している言葉はないと思うのです。

  どんな業種にしろ、我々日本人にとってアウェイである中国市場で商品・サービスを売りたいのであれば、中国人の考え方や習慣を理解する必要があります。ただでさえ言葉や文化の違いというハンデがある我々日本人は、ライバルである中国ローカル企業の経営者以上に中国人消費者や中国企業のことを知るために時間を使う必要があるのは自明の理です。

  それにも関わらず中国の日系企業経営者の多くは、日本人社会にどっぷりつかり過ぎているのではないでしょうか?

  確かに日本人ビジネスマンが数万人規模でいる上海等の大都市で働く場合、日本にいるのと同様の生活ができますし、そうした方が楽でいいでしょう。平日の夜は日本人同士で日本料理を食べ、2次会で日系KTVに行き、土日は日本人同士でゴルフをする。これが日本人駐在員の方のお決まりのコースだと思います。

  でも本気で中国事業を成功させようと思ったら、その半分の時間だけでも、中国人をもっとよく知るために、自ら積極的に行動するべきなのです。ビジネス上の課題を頭で考えながら、地下鉄やバスに乗り、街に出て、中国人消費者と同じものを見るだけでもヒントがたくさん見つかるはずです。

  今中国では何が流行っているのか、中国人消費者が何にお金を使っているのか、どんな企業がどんなところに広告を投入しているのか。本気で中国ビジネスに取り組んでいれば、知りたいこと、分からないことが際限なく頭に浮かんでくるはずです。

  そしてその知りたいこと1つ1つ腹に落ちるまで確かめていこうとすれば、ゴルフやKTVにうつつを抜かしたり、日本人同士でヌルい中国生活を過ごす余裕はないはずです。

  「オレは、会社で中国人従業員とコミュニケーションを取り、そこから十分インプットを得ているから大丈夫」という方もいるでしょう。本気でそんなことを思っているのであれば、すぐに日本に帰った方がいいでしょう。

  確かに、何もしないよりはましだと思いますが、従業員に対して上司の立場で軽く聞いたところで、当たり障りのないことが返ってくるだけです。また本当にビジネスに役に立つ核心的な事柄については、中国人自身も考えたことがない場合が多いので質問をすればすぐに回答が得られるという代物ではないのです。

  中国人にウザイと思われるくらい、手を変え品を変え、何度もしつこく質問をしないと、本当に商売に役立つヒントは出てきません。また中国でB2Cビジネスを行っている経営者で、「微博を見たこともやったことがない」という人も少なくないと思いますが、そういう新しいトレンドに無関心な人もアウトだと思います。

  とはいえ、従業員と距離を縮めるというのは中国でリーダーシップを発揮する上でとても重要です。当たり前ですが、中国人従業員にとって身内ではない日本人は、自ら中国人従業員のゾーンに入って行かない限り距離を縮めることはできません。

  会社にとって重要な従業員に対しては、普段会社で仕事上の付き合いを超えて、(戦略的に)従業員の配偶者や家族とも食事をする仲にまで持ち込まない限り、安定した経営ができないのが中国だと思います。本気でそこまで入り込もうと思ったら、中国駐在の日本人ビジネスマン(特に経営者)は、日本にいる以上に忙しく働く必要があるのが当たり前なのです。


(以上、江口 征男氏のコラムから)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北京などでは日本人向けの大きなKTVがあって、日本からの訪問者はビックリさせられます。私など慣れていないので、もっと節度ある行動も1部の日本人ビジネスマンの求められるのではないかな、と単純に感じてしまう場面に出くわします。(同じ日本人として恥ずかしいと思うこともありますし。)駐在の方々は、多くのストレスの中で、働いておられるかとは思いますが、生活の仕方についても、大事なことかと想像します。

中国経済六法(2013年増補版) [ 射手矢好雄 ]

価格:5,250円
(2013/8/9 08:56時点)
感想(0件)

中国は東アジアをどう変えるか [ 白石隆 ]

価格:882円
(2013/8/9 08:57時点)
感想(0件)

農民国家 中国の限界-【電子ブック版】

価格:1,440円
(2013/8/9 08:57時点)
感想(0件)

中国の「反日」で日本はよくなる [ 宮崎正弘 ]

価格:1,000円
(2013/8/9 08:58時点)
感想(0件)

【総額2500円以上送料無料】中国の産業はどのように発展してきたか/渡邉真理子【RCP】

価格:3,990円
(2013/8/9 08:58時点)
感想(0件)

【総額2500円以上送料無料】ステート・キャピタリズムとしての中国 市場か政府か/渡辺利夫/21世紀政策研究所/大橋英夫【RCP】

価格:2,730円
(2013/8/9 08:59時点)
感想(0件)

【総額2500円以上送料無料】中国の金融制度/童適平【RCP】

価格:4,725円
(2013/8/9 08:59時点)
感想(0件)

2020年石油超大国になるアメリカ 追い詰められる中国 決断を迫られる日本 (単行本・ムック) / 日高義樹/著

価格:1,575円
(2013/8/9 09:00時点)
感想(0件)

2013年の「中国」を予測する-【電子ブック版】

価格:746円
(2013/8/9 09:01時点)
感想(0件)

日本経済は、中国がなくてもまったく心配ない-【電子ブック版】

価格:746円
(2013/8/9 09:01時点)
感想(0件)

新・日本経済入門(中国がクラッシュする日) [ 石森章太郎プロ ]

価格:1,680円
(2013/8/9 09:01時点)
感想(1件)

中国経済論 [ 堀口正 ]

価格:2,310円
(2013/8/9 09:02時点)
感想(0件)

【総額2500円以上送料無料】すべての富を中国が独り占めする これからの資源外交戦略を読み解く/ダンビサ・モヨ/奥山真司/朝倉慶【RCP】

価格:1,785円
(2013/8/9 09:02時点)
感想(0件)

中国経済の基礎知識改訂新版 [ 波多野淳彦 ]

価格:1,680円
(2013/8/9 09:02時点)
感想(0件)

【1000円以上送料無料】帝国としての中国 覇権の論理と現実/中西輝政【RCP】

価格:1,575円
(2013/8/9 09:03時点)
感想(0件)

本当にヤバイ!中国経済 [ 三橋貴明 ]

価格:1,500円
(2013/8/9 09:03時点)
感想(1件)

中国経済 あやうい本質-【電子ブック版】

価格:525円
(2013/8/9 09:00時点)
感想(0件)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。